自然農を学びに行く。銀座伽藍Bar店主 手相鑑定師mizkaのブログ

今日(8日)は記録的な大雪です。。お店を休んでブログ更新。

今さらながら、福岡正信「わら一本の革命」を読んだ。

田を耕さず、肥料をやらず、農薬などまったく使わず、草もとらず……それでいて豊かな収穫をもたらす、驚異の〈自然農法〉――その思想と実践を易しく説いたロングセラー。

と言われている。

期待して読んだが、これは哲学書であって、実際の農業手引書ではないようだ。

きっとこの方は、どこかの偉いお坊さんか、哲学者か何かの生まれ変わりなんだろう。

後半は完全なる禅問答で、現代の農作物そのものを不自然であると否定し、読んでいるこっちも段々虚無主義的になってくる。でもまあ昨今のオーガニックブームを鼻で笑える、小気味よい本である。

読み終える頃には、無農薬野菜なんてものも捨て去って、生玄米を噛み締めるだけの仙人にでもなりたくなる。おすすめ。バイブルにする。

今年から、宣言どおりさとやま農学校に通い始めた。東京駅から1時間ほどで辿り着ける相模湖まで。

1月にプレ体験に行って、畑の野菜もたくさんいただいて来た。

IMG_2787.jpg在来種の赤かぶ。

そして、5日(水)からいよいよ本番が始まったのだが、4日に今シーズン初めてまとまった雪が降ったということで、都心は積もっていなかったけれども、中央線も杉並区を過ぎたあたりから雪景色になって、着いたらこんな。

IMG_2840.jpg

トイレが車で行かなきゃならないというので、わたしはこっそり林の中でしてきたりして!

ビニールハウスの教室。雪景色だけど、快晴で太陽が燦々としているので、ハウスの中は汗ばむほどぽかぽか。

午前中は自己紹介と座学で、3時間睡眠で行ったわたしはつい居眠り。。

すぐにランチタイムとなって、こんな素朴なランチ。IMG_2841.jpg

ケータリングで、あたたかいごはんを提供してくださいます。至れり尽くせり。

炊いたアワをついて成形して揚げたものを照り焼き風にしたきじ丼がメイン。こんな凝ったこと、自分では絶対やらないから、嬉しくなってしまった。

分づき米がめちゃくちゃ美味しくて、おかわりして山椒かけただけで食べた。お味噌汁には、目立たないけどゴマがたくさん入っていて、最後にプチプチ美味しくて、うちでもこれからはゴマをたっぷりいれようと思う。

午後は堆肥作りの実習。鍬で水と廃蜜糖と米ぬかを混ぜて、春の種まきまでに発酵させるとのこと。

そして、雪の下からほうれん草や赤かぶを各自取り放題に収穫して、初日はおしまい。

お仲間は若くて可愛い女性が多く、中身おっさんのわたしとしては嬉しい。帰りのバスもきゃっきゃとみんな楽しそうだった。

ルッコラもお土産にもらって、今はせっせと消費するのに忙しい!

赤かぶは生でバリバリ食べて、一部はピクルスにしました。まだまだたくさんあって嬉しい。

今日は寒いので、野菜たっぷりの鍋焼きうどんにしましたよ。IMG_2842.jpg

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました