(旧暦)新年あけましておめでとうございます 銀座伽藍Bar店主 手相鑑定師mizkaのブログ

今日は旧暦の1月1日。しかも新月。本当の2014年が始まりました。あけましておめでとうございます。

あまり占いに興味はないと言いつつ、手相家なので、運勢の年盤は節分を境に見ることは当然知っています。

節分は天界のお正月です。松の内が明けて、節分までの数週間は、冬のしんとした空気の中に神気が充実している時期で、そのようなことを意識して生きていると、この時期には様々な教えや悟り、アク出し、縁の組み替えなどが起きてきます。

この時期に霊的な大掃除がなされて、節分という天界のお正月を迎えます。意識しようがしまいが、知っていようが知るまいが、そういうものなのです。

で、今回のこの時期にも、わたしの身には、しっかりいろいろありました。昨年は見事なインフルエンザに罹り、20年来の相方ギタリストの結婚式をブッチしましたが、今年は顎や気管支など、元々の体の弱点からのアク出しがありました。ただの風邪や不調とは違う種類の不調であることは、はっきりわかっていました。

新暦を迎えるにあたり、それらもピタリと止んでしまいました。嘘みたいに。何だったのよ?っつーくらいに。

出会いや再会や別れもありました。

己の不徳の致すところの事件もあったし、学ぶことや悟ることもありました。

アク出しな分、キツいことも多いけど、このように受け止められるということが、とてもありがたいことだと思っております。

こんなこと知らないで10年前、伽藍Barをつくったわけだけど、本当に目に見えざる暦の上でちゃんと生きてたんだなーと思うと、この仕事を学びの場として与えてくださった神様には、感謝の念が絶えません。

毎日、瞬間瞬間、すべての事毎から悟りたいものです。一歩一歩です。

とりあえず、わたしは、来週からさとやま農学校に通い始めます。

食のことを知れば知るほど、自分の食は自分で賄わなくては、という気持ちになり、趣味レベルのものではなく、将来の自活のために、また更なる発展の下準備のために、2クールの1年間は通うつもりでいます。

自然農のお野菜がたくさんいただけるので、伽藍のメニューが充実するかも。。。

これも新しい暦の証かなーと思っています。

1月のお正月のときは、松の内明けたらまた何か辛い修行させられる〜っと、どうもワクワクしきれないから、わたしにとっては今が本格的に新年気分。

伽藍も間もなく10周年を迎えます。

11年目に入る伽藍Barは、数霊でいえば、十一=とおいつ=統一。

いろいろ統一されてくるのかな。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました