いい子ちゃん。

こんにちは、生まれ変わった店主相馬瑞加です。

先週、大掃除をしてからというもの、一緒に邪気が抜けたのか、とってもいい子ちゃんなんです。

自分を律していないと、すぐにぐずぐずに乱れ切ってしまうわたし。普通の暮らしは、わたしにとって奇跡であり、修行なのです。

わたしが仕事を愛しているのは、生活のサイクルというものがそれで成り立つからと言えるでしょう。

これが主婦であったり、自由な、自宅での仕事だったりしたら、わたしはなんやかんやと理由をつけてダラダラ過ごすに違いありません。

わたしは、毎日夕方になるとお店に行くという免罪符を得て、日中をだらだらと気ままに過ごして来ました。そして、そんな自分をいつも「ダメな奴」と思って来ました。

明日出来ることは今日やらない主義で通して来ましたから。

ところがですね。まだ一週間ぽっちですけど、続いているんですよ。正しい生活スタイルというものが。

人から見れば簡単なことなんですけどね。片づけるとか、掃除をするとか、ウォーキングをするとか。これくらいのこと、誰でもやってるじゃないですか。

でもね、わたしにはこの暮らしは奇跡なんです。

朝起きる。太陽の礼拝というヨガを1〜2分やる。おトイレに入って体重を量る。それから神棚の掃除をして、お祈りを20分ほど。

お湯を飲みながら軽くメールチェックなどして、ウォーキングマシンに登る。そのときお勉強CDは欠かさない。英語教材のスピードラーニングとか。覚えなきゃいけない曲とか。

ウォーキングは、短時間で最大の効果を出すため、5km/hと7km/hを1分交互に20分。

仕上げにはダンベルで数種の筋トレとスクワット。結構汗でます。それからお湯を浴び、髪を乾かしながら骨盤スクワット。

クイックルワイパーでざっと床のお掃除。

それからゆっくりヨガを30分。仕上げに腹筋を3種。

ここまでが朝のセット。滞ることなく、休む間もなく、ここまで終わらせる。

時にはウォーキング前にデスクワークが入るが、ヨガまで終わらせてから、わたしの一日が始まるのだ。出かけたり、料理を作ったりとか。

このパターンでやっていると、すこぶる調子がいい。

これまでの最大の敗因は、起き抜けのベッドの中でのiphoneいじりやPCいじりや、テレビ。

いまでもiphoneは起き抜けに軽くさわってしまうけど、(朝のベッドの中でクックパッドを見るのが何よりの幸せ)やることが明確に決まっているから、すぐに次の行動に移れる。

わたしはこういう規律性というものが意外と得意だったんだなと。

夜は夜で、お風呂のお湯を溜めている間に足ブルブルマッサージ。iphoneいじるか本を読んだりしながら。そのままお風呂にそれらを持ち込んで、しばしのリラックスタイム。

顔マッサージして歯を磨いてお風呂を出たら、起き抜け用の白湯を水筒に詰めて、神棚の前で15分ほど祈り、一日の反省をしてからベッドに入る。その前に、太陽の礼拝というすぐ終わるヨガができれば完璧。

そうして寝られたら、翌朝は絶対に清々しく始められるのだ。

毎回、生まれ変わった!と言いつつもやがて汚れてしまい、いつの間にか元に戻ってしまう自分だけど、今度こそはイケルんじゃないかと思って。

毎日をがんばってやり遂げただなんて思わず、流れるように、日々をすぅ〜っとこなして行きたい。

一番大事なことは、いつも部屋をきれいにしておくってことなんだなぁと感じています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました